ブライワックスはやっぱり素敵だった!アンティーク調の家具の作り方・塗り方

傷がアンティークっぽい仕上がりに

アンティーク塗装・加工で見かける、ブライワックス(BRIWAX)
気になっていたので、家で使用していた無塗装のウッドシェルフに傷をつけてアンティーク風にリメイクしました。
用意したのはニトリで購入した、無塗装のパイン材のウッドシェルフ。そして、ブライワックスの色は、上品な色のチークにしました。

ブライワックス塗装前

準備と手順

【用意するもの】
・無塗装のウッドシェルフ
ブライワックス(色:チーク)
・スポンジ
・いらない布
・ビニール手袋
・マイナスドライバー
・はさみやトンカチ

【費用】
7,500円くらい

【時間】
約2時間

【難易度】★★ 最後の磨きが勝負!

【作業工程】
1:先ずは傷をつけます!!
2:スポンジでブライワックスを塗る
3:布で磨きます


1:先ずは傷をつけます!!

ウッドシェルフにダメージ加工する

アンティークっぽさを出すために、かなづちなどで、傷をつけます。
写真はバールを使ってますが、マイナスドライバーやはさみなどで傷をつけるのもOKです。
さらに角度を変えながら、叩いたり、引っ掻いたりして、色々な傷を付けると味が出ますよ!

木製の棚にわざと傷を付けてみた

2:スポンジでブライワックスを塗る

噂でニオイがきつい!と聞いてはいましたが、ガソリンのような臭いで、本当にきつかったです。
塗ってる間も「くっさーくっさー」と言いながら塗るくらい…。
室内で塗るときは、窓は全開で、風通りを良くして塗ってくださいね!

ブライワックスの開け方

ブライワックスは20度以上になると、液状になるらしいですが、最高気温27度の本日は固形でした。
わりと涼しい場所に置いてあったからでしょうか?

ブライワックスを塗ります

ステインで着色してから塗る方法もあるようですが、そのままでもいけるようなので、直接スポンジに取って擦り込むように塗っていきました!

スポンジの堅い面を使って塗っていきましたが、傷を付けたところに引っかかっってしまい、柔らかい方も使ってみましたが、たいして変わらず…
木が毛羽立ってしまっているところには、一度サンドペーパーでヤスリ掛けをしてから塗ったほうが良さそうです。

最初に薄く塗りすぎた感じだったので、2度塗りしました。
わざと色ムラを残したのですが厚塗りしてしまうと、布で磨く際、大変になってしまうので、気を付けてください。

3:布で磨きます

ブライワックスを塗って磨く

約15~30分くらい定着させてから布で磨きます。
ウエスや着古したTシャツなどの乾いた布で、光沢が出てくるまで磨いていきます。
あまり光沢が出ないぞ?と言う場合は、2度塗りすると良いですよ。

ブライワックス塗装後

1日乾かして完成です!!
大満足のアンティークさが出ました!見てください♪この木の感じ、何十年も使いこまれたような、アンティーク感がたまりません!

傷にブライワックスが溜まってアンティークっぽい

はさみで削られてように付けた傷に、ワックスが溜まっていいアクセントになりました。

傷がアンティークっぽい仕上がりに

角のへこんだ部分も使い込まれた感じに!

ブライワックスを塗る前、塗った後

いかがでしたでしょうか?
臭いのにみんなよく使うなーと思っていましたが、この出来上がりを見たら、次は何に塗ろうか?!と、楽しみで仕方がないです。
人気があるのも分かりますねー。みなさんも是非試してみてください!

●こちらで購入できます!

ブライワックス オリジナルワックス チーク 400ml+サンドペーパー付き塗装セット(STK-BW01) (BRIWAX)

数量:

関連キーワード:,