パーティーで驚かせよう♪夜光(蓄光)シートで光るハロウィン!!

ハロウィンパーティーで子どもも大人も楽しめるハロウィンDIYアイテムをご紹介!
今回は、夜光シートを使って明るい時は何の変哲もない壁が、電気を消すとイタズラしに来たオバケ達が浮かび上がる飾り付けをDIYします!
とても簡単なので、今すぐにでも試せちゃいます。早速、作って行きましょう♪

準備と手順

【材料】
夜光(蓄光)シート A4サイズ のり付き 1枚
・ハサミ
・カッター
・カッティングマット(または厚紙・何重にも敷いた新聞紙など)

【費用】800円

【時間】1時間くらい(デザイン含めず)

【難易度】★ デザインが決まればカットするだけ♪

【手順】

1:ハロウィンに合ったデザインを作る
2:デザインを印刷
3:ハサミとカッターでデザインをカット
4:デコレーションして完成


1:ハロウィンに合ったデザインして印刷

 

A4用紙にハロウィンのデザインを作ります。
作り方はいろいろ!自分でデザインするまたは、専用のソフトを使ってデザインしていきます。PCで作るときは「ハロウィン 素材」などで検索すると、とても可愛い画像がいっぱい出てきますよ!
デザインするときの注意として、小さいデザインや細かいデザインは避けましょう。カットするときに難しくなってしまいます。そしてあまり隙間なく作るといっぱいキャラクターが作れます♪

出来上がったデザインを印刷します。印刷方法としては2つ!

1.紙に印刷して夜光(蓄光)シートの裏に両面テープなどでしっかり固定する

カットする際ずれてしまわないようにデザインを印刷した紙を蓄光シートの裏に両面テープまたは、端をマスキングテープやセロテープで貼ります。

2.夜光(蓄光)シートの裏面に印刷

 

夜光(蓄光)シールの裏面はツルツルしているのと厚みがあるのでプリンターによっては、印刷ができない場合がございますのでご注意ください。

■夜光(蓄光)シートの裏面に文字を直接印刷する場合

 

蓄光シートの裏に貼ると文字が逆になってしまうのでデザインするときに反転しましょう。
もしくは、蓄光シート表にデザインを印刷した紙を貼ってください。

3:ハサミやカッターを使ってカットする

 

カットする前に、下にカッティングマットなどを敷いて下を傷つけないように防止します。

まず、ハサミで大雑把にカットしましょう。その後、細かい部分をハサミや、カッターで切り抜いていきます。

100均でも購入できるデザインカッターがあると細かい部分のカットも簡単に出来るのでおすすめ!

4:壁にデコレーションして完成

カット出来たら壁にデコレーションしていきます。今回使用しているのは、すぐに貼れるようになっています。
もし、シールになっていなかった場合は、はがせる両面テープやはがせる糊など使うといいですよ!

夜光(蓄光)シートは、かなり粘着力がありますのでギュッと押してしまうと剥がす時に大変になってしまいます。ですので、ポンポンと優しく押すといいですよ!さて、デコレーションしたら完成!

周りをハロウィンパーティー用のガーランドやお菓子など並べてデコレーションしてみました!

明るいところでは、あまり分かりませんがこんな感じに貼っています。淡い黄緑色で見えているところがシール貼ったところです。
さぁ!電気を消してみると・・・

そこには、ハロウィンパーティーに誘われてやってきたオバケさんたちが!
お菓子をあげないとイタズラされちゃうかも?蛍光灯の光をちょっと吸収しただけでもこんなに光ります♪

■ブラックライトを当ててみると!

こちらは、ブラックライトを当ててみました。当てるだけで蛍光灯の何倍も光ります。ちょうど、ブラックライトの青白い光がハロウィンの雰囲気をアップ!!

ブラックライトを消しても蛍光灯よりも長く光っていました。
※ブラックライトは、直視してしまうと目に良くないので直接見ないように気を付けてください。

最後に

今回はハロウィン用にカッティングしてないシートを使用しました。
シーンに合わせてカッティング済みのシートもございますので、ぜひお試しください。


関連キーワード:,