砂壁に付いたカビはどうやって除去するの?

砂壁を塗装してお部屋をDIY!と考えている方で、悩まれている砂壁のカビ!
放っておくと繁殖してくるし拭くにも奥に入っていて取れない!しかも強く擦ると砂壁がポロポロと落ちてきてしまう。
間違った方法で除去しようとすると、砂壁が壊れたり砂の色が変わってしまったりして大変なことになってしまった!!
などと言うお悩みをよく聞きます。実際パジョリスでも下記のような相談が来ています。

よく聞かれる砂壁のカビへの質問

Q01:カビがある状態で塗装してもいいですか?
A:カビが繁殖してしまい塗膜に悪影響がありますので必ずカビの除去が必要となります。

Q02:カビが発生しているのですが、漂白すればよろしいですか?
A:漂白剤を使うことで、砂壁自体の色まで脱色してしまう恐れがあります。

Q03:市販のカビ取り剤で落ちますか?
A:カビ取り剤等で除去はなるべく薬剤が残らないように洗浄するのが重要ですが、砂壁の場合ですと砂壁に薬剤が浸透してしまい、砂壁の耐久性を損なう危険性がありますのであまりオススメはできません。

など、意外にも砂壁のカビに困っている方が多いようです。

今回は、この砂壁の天敵!カビをキレイに除去する方法をご紹介します。

簡易的だけど効果はバッチリ!消毒用エタノール

薬局で売られている消毒用エタノールを使用するのが、簡易的ですが簡単で効果があります。
使用方法は、空のスプレー容器に消毒用エタノールを入れてカビが発生している箇所に吹き付けるだけです。アルコールなので気化してしまう利点を利用するので吹き付けたら終わりです。
消毒用エタノールですので人体にも影響がなく安心して使うことができます。

【ご注意】

・色落ち等の確認を目立たない場所でパッチテストをしてください。
・カビは取れてもカビによって変色してしまった部分は元に戻りません。

【塗装する場合の方法】カビを封じ込める!!カビ止めシーラー

カビの発生がかなり広範囲で、上記のような作業が大変!と言う方には、カビを封じ込めて、塗装した場所からカビを発生させないようにするカビ止め専用シーラーを下塗りする方法があります。
カビを除去はできませんが、カビの増殖を抑制してくれます。
ご紹介している塗料は、低臭・非塩素系・非アルコールなのでとても安心です。砂壁以外の壁にも対応しているのでとてもおススメです。

【ご注意】

・シーラーですので必ず上塗りが必要です。
・漂白作用はありません。
・砂壁などの古壁が脆い場合は、使用しないでください。

更にカビを抑制するために・・・

カビの抑制はしてくれるけど念には念をと言うことで、マルチシーラーを下塗りをしておくと浮き上がることもなく安心です。

最後に

いかがでしたでしょうか。カビが繁殖していると体に悪いのはもちろん雰囲気も良くないですよね。気になっている砂壁がありましたら是非参考にして下さい。
他にも気になることがございましたら、パジョリスにお気軽にお問い合わせください。