読み物アイコン読みもの

お買物アイコンお買いもの

OFFICIAL SNS

配色次第でイメージが変わる!ヘリンボーン柄トレイをDIY♪

近頃、こだわりを持つ女性に巻き起こっているDIYブーム!

100円ショップで売っているモノをアレンジしたり、ステッカーを貼ったり、カラーボックスのカラーチェンジをしたり、いろいろなものを手作りする人が増えています。

簡単!すぐ出来る!が謳い文句のDIYって、初心者の頃には楽しかったのですが…正直、今のみかみんには物足りないのです。私以外にも普通に塗るだけでは満足できない。アンティーク調に加工するのは飽きてしまった。もっと自分らしいDIYがやってみたい!などなど。なんちゃってDIYに満足できない方いらっしゃいませんか??

そんな方に是非やってほしいのがヘリンボーン柄です。ヘリンボーンとは「herring(ニシン)」の「bone(骨)」を意味しています。独特な形状が、魚のニシンの骨に似ていることからこの名が付いたそうです。よくフローリングで使われているデザインですね。

もし、自分の好きな配色でヘリンボーンのトレイを作ったら、お気に入りの一枚ができると思いませんか?

ヘリンボーンは組み方さえ覚えれば簡単に作ることができます。どうぞDIYのレベルアップのためにもチャレンジしてみてください。

準備と作り方

【材料】
・木材
天板(シナベニヤ)300mm×600mm 1枚
ヘリンボーン柄用木材(シナベニア)30mm×120mm 50本

・塗料
油性バトン(4色)
※今回はミッドナイトブルー、グレー、ホワイト、ウォルナットを使用しました。

・サンドペーパー
・画筆セット
・布(ウエス)ポリ手袋

【費用】6,500円くらい
【時間】5時間ほど
【難易度】★★ 電動糸のこぎりがあると便利です。
【手順】
1:まずは必要なモノを揃える
2:ひたすらサンドペーパーをかける
3:ヘリンボーン柄用木材のペイント
4:ヘリンボーンを組む
5:ボンドで貼っていく
6:はみ出た部分をカットする
7:完成


1:まずは必要なモノを揃える

ホームセンターで購入した木材。シナベニアは、30mm×120mmでカットしてもらいました。自分で切ろうと思ったのですが、ここで失敗するとヘリンボーン柄に影響が出るので。プロに任せる部分と自己責任の部分を決めておくといいかもしれません。

2:ひたすらサンドペーパーをかける

ホームセンターの大きな機械でカットしてもらうと、ケバケバのまま渡されるので…

やすりがけは必須です。#180くらいのサンドペーパーで、手で触ってもチクチクしない程度に磨きます。表面のザラザラが気になる方は、#320くらいで軽くこすってください。たくさんあるので、あまり神経質にならないことがポイントです!

細かい木くずは、ウエスでふき取ってください。このあとペイントする際に、このひと手間があると仕上がりが全く変わります。

3:ヘリンボーン柄用木材のペイント

まずは配色を考えます。まず、メインとなるカラーを決めて、同じくらい濃い茶系、淡い色2色を入れるとヘリンボーンを組む時に分かりやすいです。1色でも2色でも構いませんが、ちょっと冒険して4色。今回は、ブルーをメインカラーにしました。

小さな板10枚ずつ塗っていきます。4色×10枚=40枚、残りの10枚はヘリンボーンを組みながら色合いを見るために残しておきます。みかみんは筆を使っていますが、ウエスにステインを浸み込ませて、直接塗った方が早くて効率がいいです。塗装と同時に、余計な塗料を拭き取れるので早く乾きます。

なんせ枚数が多いので、はじめは丁寧に塗っているのですが、だんだん雑に…必要なら2回塗りもしてください。

4:ヘリンボーンを組む

板が乾いていたら、下地となる木材の上でヘリンボーン柄に組んでみましょう。

突然、ボンドで貼ると失敗します。経験者は語る。

5:ボンドで貼っていく

だいたいのイメージが決まったら、ボンドで貼っていきます。左上の板から貼っていくと、最後までズレずに綺麗に仕上がります。ちょっとずつズレると、最終的に板が足りなくなったり、柄が歪んでしまうので気を付けてください。

6:はみ出た部分をカットする

電動糸のこぎりで、はみ出た部分をカットします。端っこに三角形の部分が残っているので、切り落とした部分で色を調整しながら貼ってください。このカットがヘリンボーン柄を作る際、一番難しいと思われます。はじめは電動ではない糸のこぎりで頑張ったのですが…板がボロボロになってしまいました。張り付ける前にカットしておくのもオススメです。

7:完成

枠を作ろうとしたのですが、角材が足りなかったので急きょ両サイドに。大きめのトレイが完成ました!

こちらはイエローベースのトレイです。おままごと用に作ってみました♪

そして、みかみんのお気に入りはピンク系です。マグカップとの相性ばっちり!コーヒータイムがより一層楽しくなりました♪

※トレイとして実際に使うので、表面にニスを塗ってあります。

さいごに

はじめはヘリンボーン柄を自分で作れるとは思いませんでした!自分の好きな配色で木材を組めたので大満足。同じ木材やカラーリングでも、ヘリンボーン柄にするだけでオシャレさがググっと増した気がします。ヘリンボーンにハマって、他の配色もやってみたので、ご参考までに。

迷彩をイメージしてダークグリーン系を組んでみました。なかなか渋いです。

こちらは男前を意識して作ってみました。茶色のワックスで仕上げてあるので、少々ビンテージ風です。


ランキング
人気商品
RANKING

コンテンツ一覧ALL CONTENTS

  • 読み物
  • 人気記事
  • コラム
  • 連載記事
  • 特集記事
  • ペイントHOWTO
  • お買いもの
  • 塗る場所・素材
  • 塗料の種類・機能
  • 建築用途
  • 塗装用具
  • メーカー