読み物アイコン読みもの

お買物アイコンお買いもの

OFFICIAL SNS

はじめてのセルフリノベーション~リビング編~

「メキシコ好きの主人のために、明るい色のリビングにしたかったんです♪」

前回、トイレのペイントDIYをしたTさんが、今度はリビングの壁紙ペイントに挑戦してくれました!

※前回の様子はコチラ⇒はじめてのセルフリノベーション~トイレ編~

もともと白い壁紙に不満があったTさん。メキシコをイメージした明るい原色の中から「テラコッタレッド」という色のペンキを塗ることになりました。

ファッション業界でも人気のテラコッタ。素焼きの陶器のような優しい色合いで「濃い色なのに何故か落ち着く」不思議なパワーを持っています。

こちらが塗装前のリビング。天井のネイビーと椅子のブルーが素敵ですが、確かにメキシコ好きには物足りない空間かもしれませんね。この部屋がテラコッタ色になるとどうなるのか!?お楽しみに♪

準備と作り方

【材料】(2~3人でペイントした場合)
EF NOUVEAU(ヌーボー) ナチュラルシリーズ (テラコッタレッド)4L×1缶
マスカー 550㎜×2巻 1100㎜×1巻
マスキングテープ  18㎜×4巻
6インチ中毛ローラー×2本
6インチのローラーハンドル
バケット+ネット+内容器セット
刷毛×3本
布(ウエス)ポリ手袋
・脚立

【費用】16,000円くらい
※3人で作業の為道具を多く揃えています。(1人で塗る場合は、10,000円くらい)

【時間】7~8時間ほど

【難易度】★★ トイレほど疲れませんw

【手順】
1:はじめの準備
2:養生は丁寧に
3:ペイントの前に
4:1回目のペイント
5:2回目のペイント
6:養生剥がし
7:完成


1:はじめの準備

塗装する時に塗料が付かないように、家具は全て移動させます。カーテンやカーテンレール、コンセントカバーなども外しておくのがベターです。

壁紙を固く絞った雑巾で拭いてください。ホコリがあると、仕上がりが美しくなりませんので~

部屋の中央にブルーシートを敷きます。絶対ではないのですが、塗料缶や用具類をまとめて置けるので便利です。さらに養生が楽チンになります。

2:養生は丁寧に

トイレ編でもお伝えしたのですが、「セルフペイントで一番大切なことは何ですか?」と聞かれたら、絶対に養生です!ここだけは、気合を入れて集中して作業してください。

全員一斉にマスキングテープで養生スタート!壁、床、天井との切り替え部分、その他ペイントしたくない部分にマスキングテープを貼っていきます。

わざと1ミリほど空けてマスキングテープをすることによって、ペイントしたときのラインがしっかりと出ます。1ミリの空間が見えますでしょうか?

コンセント部分もお忘れなく~

養生をする時は、「どこを塗るのか?どこを塗りたくないのか?」ということを考えながら作業しています。ここでのイメージ力によって、完成度に差が出るのです。一度でも塗装経験があると何となくイメージできるようになってきますが、はじめてで不安な方はご相談ください。

窓や床の養生にはマスカーを使ってください。

実はペイントをするまで「マスカー」を知らなかったのですが、これとっても便利です!マスカーのことを知りたい方はコチラ⇒塗装時に大活躍する養生テープ「マスカー」とは

そして、ここで裏ワザ!塗装するところしないところの区切り部分をプロのようにキレイに区切る方法があるんです。その詳しい方法はコチラ⇒【裏ワザDIY】壁を塗るときはコーキング剤を使うとキレイにペイント出来る!

3:ペイントの前に

いよいよ塗装です。

塗料缶の蓋を開ける前に、必ず振ってください!サラダにかけるドレッシングを使う前に振りませんか?おそらく中身が分離したまま使う方はいないと思います。それと同じです。塗料も容器の中で分離しているので、しっかり混ぜてあげることが大切なのです。

ここで秘密のアイテム登場!

普通のクリアファイルなのですが、適当な大きさにカットして~

こんなふうに塗料缶の溝の部分に設置して、マスキングテープで留めておきます。すると…

塗料が入れやすくなる!

「なんだそんなことか」と思われるかもしれませんが、パジョリスチームがいろいろ試した中でクリアファイルがベストだったのです!これは経験者しか分からないだろうな…

4:1回目のペイント

刷毛塗りからスタートします。

まずはローラーが届かない端や細かい部分を塗ります。その後、ローラーを使って塗装してください。右利きの方は、左上からスタートするのがセオリーです。

Tさんが喜んで塗っています。前回のトイレ塗装では、塗る面が狭すぎてローラーの良さがイマイチ伝わっていなかったようです。画像のように英語の「W」または「N」を描きながら塗ってくださいね~

高いところは脚立を使って。

みかみんもちゃんと塗っておりますよ~

一度塗り完成です!これだけでイメージがガラッと変わりました!

写真では分かりにくいのですが、白い壁に濃い色を塗ると塗りムラが出てきます。このムラが好きな方もいらっしゃるのですが、二度塗することによってムラにならず均一になります。もし一度塗りした後にムラが気になっても、すぐに重ね塗りをしないでください。しっかり乾燥させてから2回目を塗った方が綺麗に仕上がります。

 

~ランチタイム(乾燥中)~

前回Tさんのご主人による絶品唐揚げをご馳走になりましたが、今回はTさん作の唐揚げをいただきます。出張ペイントの一番の楽しみは、やっぱりお昼かもしれないw

みかみんを呼ぶときは、唐揚げでお願いします。

5:2回目のペイント

お昼休憩1時間くらいで乾いてきたので、2回目スタートです!

またみんなで一斉に塗っていきます。

刷毛塗りを丁寧にやればやるほど仕上がりに違いが出てくるので、この時は無言です。みかみんも超集中モード!

「ローラー大好きなのでやります!」と宣言してくれたTさん。楽しさが分かって嬉しい限りです♪

2回目が終わりました。少し濃い色に見えるのは、夕方になってきたせいだと思われます。

6:養生剥がし

この瞬間が一番ドキドキするかもしれません。

完全に乾いてしまう前に剥がしていきます。

完全に乾いてしまうと、マスキングテープと一緒に塗膜が剥がれてしまう場合があります!ご注意ください。

全ての養生をとります。まだ完全には乾いていないので、この段階で洋服などに擦れると塗料が付いてしまいます。慎重に。最後まで気を抜いてはダメです。

7:完成

完成です♪随分と可愛らしいイメージになりましたね~

いかがでしょうか?

家具を戻してみると、雰囲気が全然違います。天井と椅子のブルー系と家具のナチュラル感、そしてテラコッタの壁。日本じゃないみたいですね~

とっても温かみのある部屋になったと思います。

さいごに

みかみん「Tさん、リビングのペイントをしてみてどうでしたか?」

Tさん「完成して大満足!すっごく気に入ってます!窓枠や家具にもマッチしているし、家の雰囲気にピッタリだと思います。」

みかみん「今までの生活と何が一番変わりましたか?」

Tさん「料理をしながらカウンター越しに見るダイニングが好きになりました♪」

大絶賛ですね~

ご主人やお子様にも気に入ってもらえたようで、パジョリスチームとしてもホッとしております。

Tさんのママ友にも、おうちを購入してオリジナルの空間を作っている方が多いそうです。自分の好きなようにカスタムできるのは、本当に楽しいことですね。他の部屋も是非お試しください!

 


ランキング
人気商品
RANKING

コンテンツ一覧ALL CONTENTS

  • 読み物
  • 人気記事
  • コラム
  • 連載記事
  • 特集記事
  • ペイントHOWTO
  • お買いもの
  • 塗る場所・素材
  • 塗料の種類・機能
  • 建築用途
  • 塗装用具
  • メーカー