読み物アイコン読みもの

お買物アイコンお買いもの

OFFICIAL SNS


男前DIY【6-1】あえてのサビ加工!セリアのプレートを大変身させてみた。

セリアで小さめのナンバープレートを発見!これは使える!と即購入してきました。男前アイテムに変身させるため、人気のエイジング加工をしてみようと思います。

【用意した物】
・セリアのナンバープレート2種類
イデア(idea)パティナ
・サンドペーパーの#240
・筆×2本

※イデア(idea)パティナとはサビ加工をするための水性アンティーク塗料です。ベースカラーを塗って、乾く前にさび出し剤を塗り、乾燥させれば味わいのあるサビを作り出すことができます。この不思議体験を、是非感じてください!

【使用した塗料】
イデア(idea)パティナのベースカラー:475ブロンズ
イデア(idea)パティナのベースカラー:498アイアン
イデア(idea)パティナのさび出し剤:711グリーンパティナ

【作業工程】
1.プレートの表面にヤスリをかける
2.ベースカラーを塗る
3.乾く前に、さび出し剤を塗る

【作業時間】
約1.5時間(ただし丸1日以上乾燥させてください。)

【費用】500円くらい

475ブロンズ×711グリーンパティナの組み合わせ

まずはプレートにヤスリをかけます。表面がツルツルしているので、塗料がはじかないようにするためです。表面の粉を拭き取りベースカラーを塗ります。ポイントは厚塗り。粘度の高い塗料なので、ちょっと塗りにくいですが気にせず塗りましょう。

plate02

ベースカラーを全体に塗ったら、さび出し剤を塗ります。この液体を塗ったところだけが腐食してサビが出てくるので、部分的に塗っていきます。塗ってる途中で黒く変色してきました。

plate03

こちらは24時間以上たったものです。どうですか?なかなか素敵にできました。

plate00

498アイアン×711グリーンパティナの組み合わせ

次はベースカラーを変えてやってみます。アイアンのほうが、さらに粘度が高くドロドロです。

plate003

凹んでいる部分にさび出し剤をたっぷりと塗っていきます。そうすることで、より劣化した印象を与えることができます。

plate

こちらが24時間以上経過したもの。同じさび出し剤を使用したのですが、ベースカラーの違いで雰囲気が変わってきますね。

 

plate0

いかがでしたでしょうか?
いろいろなエイジング加工の中でも、サビ加工なら男前インテリアにピッタリです。今回はグリーン系の色になりましたが、塗料の種類によって様々なサビを作ることができます。気になった方はコチラのサイトでご確認いただけます。

sp-860-color2

次回は男前インテリアにぴったりなプレートをご紹介します!

男前DIY【6-2】海外のナンバープレートを使ったインテリア実例


男前ルーム完成までの道のりはコチラ!

【連載】男前DIY完成!男前インテリアを目指してお部屋改造計画まとめ



関連キーワード:,

ランキング
人気商品
RANKING

コンテンツ一覧ALL CONTENTS

  • 読み物
  • 人気記事
  • コラム
  • 連載記事
  • 特集記事
  • ペイントHOWTO
  • お買いもの
  • 塗る場所・素材
  • 塗料の種類・機能
  • 建築用途
  • 塗装用具
  • メーカー