読み物アイコン読みもの

お買物アイコンお買いもの

OFFICIAL SNS


100均の小箱をアンティークっぽくしてアクセサリーボックスにしてみた

100均で見つけた可愛らしい小箱!早速、お部屋に飾ったのですが可愛すぎて似合わないんです。
せっかくなので、この小箱を重厚感のあるアンティークなアクセサリーボックスにペイントDIYさせていきます。

準備と作り方

【材料】
・100均の木箱、ボックスフット、コーナー金具
ミルクペイント ターコイズブルーとインクブラック
ミルクペイント アンティークメディウム
マスキングテープ
ハケ
・ボンド
・スポンジ
・フェルト
・グルーガン
・カッター

【費用】
1200円くらい
【時間】
45分ほど
【難易度】
★ お気軽に♪
【手順】
1:ペイント前の下準備
2:ミルクペイントで木箱をペイント
3:アンティーク風に仕上げていく
4:100均で見つけたアンティーク感がある金具をつける
5:アクセサリー収納のクッションを作る

1:ペイント前の下準備

small_box_paint8

塗りやすいように前の金具を外します。全体をサンドペーパー320番くらいの目の細かいもので、表面を滑らかにします。

small_box_paint7

 

もし、金具が取れない場合は、マスキングテープで養生します。マスキングテープの幅より小さい場合は、カッターで切りましょう。

2:ミルクペイントで木箱をペイント

small_box_paint3

養生したら早速、ペイント!アンティーク風にするためにミルクペイントのターコイズブルーを使いました。
1度塗りだけですと小箱はプリントされた絵が少し透けていたので、乾かしてから2度塗りしました!

3:アンティーク風に仕上げていく

small_box_paint4-540x750

2度塗りがしっかり乾いたら、アンティークさを出すために汚し加工をしていきます。ミルクペイントのアンティークメディウムをシャバシャバになるくらい水で薄めて、まんべんなくペイント。すぐに、要らない布で軽くポンポンと押さえ、余分な塗料を拭き取ります。すると、全体的にうっすら汚れがついているようになります。

small_box_paint5

次にサビ感を出すために、アンティークメディウムとミルクペイントのブラックを出して、少しずつスポンジに付けて、混ぜすぎずマーブル状にしてするのがポイント。スポンジに付いている余分な塗料を落とし、小箱の端にサビ色を付けていきます。

4:100均で見つけたアンティーク感がある金具をつける

small_box_paint9

100均で購入したボックスフットとコーナー金具をボンドで取り付けます。

small_box_paint6

ボックスフットはネジ穴がありますが、箱も小さく重たいものも入れないので、ボンドで充分くっつきます。

5:アクセサリー収納のクッションを作る

small_box_paint1

箱の内側より少し小さめにスポンジを切ります。切ったスポンジにフェルトを巻き付けます。グルーガンを使うと、すぐにくっついて便利です。スポンジの角に丸みが出るように、フェルトを2重にしてクッションを作ったら、小箱の中に入れて完成!

完成したボックスにアクセサリー入れてみました!

small_box_paint2

 

お気に入りの指輪やピアスをいれてみました!ぴったり収納できました。ちょっとドレッサーの横に置いてみましたが高級な感じで素敵です♪

最後に

100均の小物がペイントするだけでこんなに雰囲気が変わりました。今回は、アンティーク風に塗りましたがピンク系の色で可愛らしいものからブラックや濃いブルーなどでシックな感じの小箱にするのもおすすめです。


関連キーワード:,

ランキング
人気商品
RANKING

コンテンツ一覧ALL CONTENTS

  • 読み物
  • 人気記事
  • コラム
  • 連載記事
  • 特集記事
  • ペイントHOWTO
  • お買いもの
  • 塗る場所・素材
  • 塗料の種類・機能
  • 建築用途
  • 塗装用具
  • メーカー