読み物アイコン読みもの

お買物アイコンお買いもの

OFFICIAL SNS


駐車場のコンクリートを汚れ・劣化から守る簡単な方法とは!

憧れの一戸建てマイホームを手に入れたら、休日にはお庭でバーベキュー!それとも家族でDIY!
やりたいことがいっぱいありますよね。
でも、せっかく手に入れたマイホームですから、いつまでも綺麗なまま維持したいと思いませんか。
そこで、今回は駐車場(ガレージ)などのコンクリートを粉塵(ふんじん)や摩耗・劣化から守る簡単な方法をご紹介します。

 

1.新築時には駐車場もコーティングしよう

外壁や屋根は、通常10~15年で塗替えします。ウッドデッキや板塀など木製の外構であれば、2~3年毎に塗装しなければ紫外線や風雨によりあっという間に劣化してしまいます。
そして、新設時には綺麗なコンクリートの床や駐車場(ガレージ)も、何もしなければ徐々に劣化していきます。ほとんどの方が気にしない駐車場のコンクリート床は、タイヤマークや雨水で汚れ、また次第にひび割れなどから破損に至り、気づいたらボロボロの駐車場になってしまっていたなんてことも多いのではないでしょうか。

こんなお悩みはありませんか?

・新設したコンクリート床をできるだけ綺麗な状態で維持したい。
・コンクリートの白い粉塵を何とかしたい。
・駐車場のコンクリートの摩耗を防ぎたい。
・ガレージがタイヤマークで汚れて困る。
・汚れ落としの洗浄作業をできるだけ簡単にしたい。

 

 

こんな悩みを解決する方法が、「コンクリート床強化剤」という専用の塗料でコーティングすることで、コンクリートの床や駐車場(ガレージ)を長期にわたり汚れや劣化から守ることができます。

特に、汚れがまだ付いていない新築(新設)時に施工することで、綺麗な状態が長期間維持できますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。
しかもDIYで簡単に施工できるので、やっておかない手はないと思います。

 

2.コンクリート床強化剤とは

「コンクリート床強化剤」とは、ガレージや駐車場、一般倉庫などのコンクリート床を摩耗や粉塵、劣化から守ることのできるコンクリート用の浸透型の表面強化剤です。

特殊な成分がコンクリートやモルタルと化学反応し、塗布表面を緻密で強固に改質することで、防塵効果を発揮します。化学反応した表面は緻密化することで強化され、摩耗などの劣化を防ぎ、結果として耐久性を高めることができます。また、汚れが染み込みにくくなることで、付いた汚れも落としやすくなります。コンクリートの表面に発生する白い粉塵も抑えることができ、清掃やメンテナンス作業も軽減できるので、汚れる前に施工するのが効果的です。

主な特長

・コンクリートを緻密にすることで耐久性が高まります。
・コンクリート特有の白い粉塵(白化)を抑制します。
・表面を緻密化することで汚れを落としやすくなります。
・無色透明※のためコンクリートの素材感を損ないません。
・水性タイプで臭気も少なく取り扱いが容易です。
※多少濡れ色になることがあります。

用途

・駐車場、カーポートなどのコンクリート床
・倉庫、ガレージなどのコンクリート床
・ベランダ、テラスなどのコンクリート床
・住宅の外構、犬走りなどのコンクリート床

 

3.施工手順

「コンクリート床強化剤」による施工手順は、とても簡単で塗装前によく清掃・洗浄し、乾燥している状態で塗料を1~2回塗りし、よく乾燥させたら完了です。
ペンキのように表面に色も膜もできませんので、失敗もほとんどありません。

 

1)素地調整・養生

塗装しない箇所はマスカーやマスキングテープで養生します。

 

汚れ等は、高圧洗浄やデッキブラシで水洗いします。
素地の油脂、ゴミ、ホコリ等は完全に取り除いておきましょう。

 

2)塗装(1~2回)

素地表面が乾燥している状態で施工します。
材料は良くかき混ぜて、ローラーやジョウロで均一に散布・塗り広げます。


吸い込みが激しい場合は2回塗りします(通常は1回塗りで大丈夫です)。

 

3)乾燥

液だまりができている場合は、塗り広げ余剰分は回収します。
乾燥するまで水(降雨)、結露など水分の影響を受けないようにします。

 

4)完成

表面が乾燥すれば歩行可能です、通常使用までは24時間です。
汚れたら水洗いして下さい。

 

注意点としては、塗装するコンクリートやモルタル面の汚れはしっかり落しておくことと、ひび割れ・欠けなどは塗装しても直りません。事前に補修しておく必要があります。
また、塗装面に補修跡やシミ・ムラなどがある場合は、そのままその状態が残ってしまいます。
さらに塗布した強化剤の効果が無くなるまでは、これらを落したり補修したりすることができません。

よって、汚れやひび割れなどは発生していない新設(新築)時に施工するのが最適といえます。
もちろん、後からでも綺麗に洗浄・補修すれば施工は可能です。

尚、これらの「コンクリート床強化剤」には「撥水効果」はありませんので、撥水効果を持たせたい場合は、別途専用の撥水剤(吸水防止剤)を上塗りする必要があります。また、「光沢」を出したい場合も、別途専用の光沢剤を上塗りすればピカピカの光沢仕上げにすることが可能です。

 

4.おすすめ商品

一戸建て住宅などの駐車場やガレージであれば、当店で販売している「ガレージガード」または「ガレージ&ウォール」という商品をお奨めします。

●ガレージガード

「ガレージガード」は、この商品は当店オリジナルの商品で大変お得な商品となっています。

 

●ガレージ&ウォール

「ガレージ&ウォール」は、アシュフォードジャパンというコンクリート用塗料及び補修材料の製造・販売しているメーカー商品です。業務用として「ダストプルーフ」というシリーズ商品があります。

 

どちらも水性タイプで、どなたでも簡単に施工できる商品となっています。
サイズは、両方とも4kg缶となります。1缶でおよそ駐車場1台分が施工できます。


関連キーワード:, ,

ランキング
人気商品
RANKING

コンテンツ一覧ALL CONTENTS

  • 読み物
  • 人気記事
  • コラム
  • 連載記事
  • 特集記事
  • ペイントHOWTO
  • お買いもの
  • 塗る場所・素材
  • 塗料の種類・機能
  • 建築用途
  • 塗装用具
  • メーカー