読み物アイコン読みもの

お買物アイコンお買いもの

OFFICIAL SNS


DIY塗装で住宅基礎・ブロック塀・擁壁(ようへき)が見違えるほどキレイになる!耐久性にも優れた専用塗料「EFリフレッシュベース」がおすすめ!

家の住宅基礎・ヨウヘキ(擁壁)やブロック塀は汚れていませんか?
新築ですと、はじめは汚れが付いていないキレイな状態ですが、時間が経つにつれて紫外線・雨風・砂・苔や藻など、さまざまな要因でふと気が付いたときには、黒く汚れていたなんてことありませんか。

住宅基礎やヨウヘキ・ブロック塀は、汚れやすいのでキレイに保つためには日ごろからお手入れをする必要があります。しかしお手入れといってもこまめに出来る場所ではないので大変ですよね。また、掃除するとなると頑固な汚れには高圧洗浄やブラシでしっかり汚れを落としたりしなければならず一苦労です。
そこで今回、ローラーでDIY塗装するだけで新築と見違えるようにキレイになり、また汚れが長期間付きにくくなる美粧用の塗料「EFリフレッシュベース」をご紹介します。

住宅基礎とブロック塀(塗装前)

 

 

EFリフレッシュベースはここがすごい!

1.美装用塗料でキレイな壁面に!

EFリフレッシュベースは、住宅基礎コンクリート面の美粧用塗料(水性)です。
汚れてしまった住宅基礎(家の基礎)部分を馴染みやすいグレー色に塗り替えることができます。
住宅基礎だけでなくコンクリートのヨウヘキやブロック塀にも塗装することが可能です。
経年によりどうしても汚れてきてしまうこの部分は面積も大きいので洗浄でキレイにするのはとても大変・・・。
「上から塗ってしまおう!」という発想があまりないと思いますが、この部分専用に作られた塗料「EFリフレッシュベース」を使えば驚くほどキレイに!

(外壁塗装と違って自分で手が届く高さなのでDIYで塗ってしまえばコストも抑えられますね)


特にブロック塀は車の排気ガスや雨風にさらされ、さらに雨だれなどで汚れやすい部分でありながら面積がとても広いので、洗浄でキレイにするのはかなり大変なので、上からキレイに塗装するのがおすすめです。

※ブロック塀は普通の塗膜タイプの塗料を塗ってしまうと、早期に塗料が剥がれたり塗膜が膨らんで見苦しい状態になってしまうことが多々あります。専用塗料のEFリフレッシュベースなら耐久性も向上します。(これらの箇所に適した下塗り材「EF水性含浸シーラー」も一緒にご使用ください)

2.ワレやハガレが起こりにくい

住宅基礎やブロック塀に塗装できる「EFリフレッシュベース」は特殊配合によりワレやハガレが起こりにくい塗料で、その他にも下記のような機能があります。

1)透湿性に優れ、塗膜の膨れや剥離を抑制できる(塗膜が剥がれにくい)
2)付着性に優れ、高い耐久性を有している(長持ち)
3)弾性または微弾性塗膜により下地の動きに追従できる(塗装しやすく長持ち)
4)汚れに強く、藻やカビの発生を抑制できる(美しさが長持ち)
5)コンクリートの劣化(中性化)を抑制できる(素材の劣化を防ぐ)

※イメージになります

さらに専用の下塗り材「EF水性含浸シーラー」を合わせると効果が高まりますので合わせて塗装するのがおすすめです。EF水性含浸シーラーは、下地の吸込み止めやアルカリ止めに加え、ケイ酸カルシウムやALCなど素地の脆い仕上材の補強・強化にも効果がありますので、内側からの汚れなどはシーラーが抑えて、外からの汚れをEFリフレッシュベースが付きにくくします。塗装の効果を高めるために下塗りを推奨します。

■EF水性含浸シーラーの5つの特徴
・補強・強化 →素材の補強、強化としての機能
・防止効果 →下地の吸い込み止め、アルカリ止めの効果がある
・密着性 → 上塗り材(EFリフレッシュベース)の密着性を高める(剥がれ防止)
・作業性 →乾燥が早く、一液性で作業が簡単
・水性 → 水性なので取り扱いが容易

3.汚れが長期間付きにくくなる

塗装することで塗装していない状態よりも汚れが付きにくくなり、お手入れする回数を減らすことができます。
藻やカビの発生を抑制する特徴を持ったEFリフレッシュベースなら、家の基礎が一度の塗装でキレイな期間を長く保つことができ経済的です。

4.ローラーで簡単に塗装ができる

外部の塗装は難しいイメージがありますが、このEFリフレッシュベースは水性タイプで扱いやすくローラーで簡単に塗装できます。

塗料によっては2液タイプなど扱いの難しい業務用塗料がありますが、EFリフレッシュベースは一般ユーザーでもDIYで塗装しやすい1液タイプ(水性)です。

 

どれくらい塗れるの?

EFリフレッシュベースは、1缶(15kg)で、おおよそ下記の面積が塗装可能です。

■EFリフレッシュベースを使って塗れる面積(目安)

【住宅基礎】

建坪100~150平方メートル (基礎の高さ40cm×基礎の総延長60m程度)

【ブロック塀】

約24平方メートルの塀(高さ1.2m×20m程度または高さ1.6ⅿ×15ⅿ程度)

※目安となりますので素地の状態や吸い込み具合などで塗り面積は、変わります。塗装する際には必ず確認してください。

 

EFリフレッシュベースは初めての人でも塗りやすい!

EFリフレッシュベースは、専用の塗装機やテクニックなどを必要とせず、ローラーで誰でも簡単に塗れるので
初めての人でも扱いやすく塗りやすい塗料となっています。

 

詳しい塗装方法は↓の記事をご覧ください。

汚れた住宅の基礎とブロック塀を綺麗にする方法とは!


[PR]
EFミズハ水性防水材|築10年、そろそろです「見た目ではわからないベランダ防水の期限切れ」自分でやれば80%OFF
築10年のお家はそろそろ注意|ベランダ防水効果には寿命があります|自分で防水塗装すれば業者に頼むより8割お得?|水性だから自分でDIY塗装できる当店オリジナル「EFミズハ水性防水材」がおすすめ!→詳しくはこちら


塗装のための道具は何が必要?

EFリフレッシュベースを塗装するために必要な道具は
・ローラーバケット(本体・内容器・ネット)
・ローラー(スペアローラー・ハンドル)
・マスキングテープなどの養生資材
・軍手やウエス(ぞうきん)など

「たくさんあってよくわからない!」という方のために、これらをすべて一緒にしたセットも販売しています。
商品ページはこちら→ EFリフレッシュベース(15kg)+EF含浸シーラー(4kg)+塗装用具セット

EFリフレッシュベース 塗装用具セット内容

実際にEFリフレッシュベースで住宅基礎とブロック塀を塗装してみました

EFリフレッシュベースでどれくらい家回りがキレイになるのか?
実際に塗装をしてビフォーアフターを比較してみたら「驚くほどキレイ」になりましたので、下の記事もぜひご覧ください。

汚れた住宅の基礎とブロック塀を綺麗にする方法とは!

最後に

住宅基礎部分やヨウヘキ(擁壁)、ブロック塀をキレイにするためには高圧洗浄機を使ったり、専用の洗剤で磨いたりとかなりの労力がかかりますが長年しみ込んだ汚れはなかなか落としきれません。
「上から塗ってしまう!」という選択肢もぜひご検討ください。見違えるようにキレイになります!
(塗装する場合も、塗装前の洗浄は必要になります)

住宅基礎部分は自分の手で届く高さなのでDIYで塗装でき、1液タイプのEFリフレッシュベースなら塗装作業も簡単です。

基礎部分がキレイになるだけで外壁も含めたお家全体がキレイに見えて、とても気持ちが良いですよ!!

 


関連キーワード:, , , , , , , , , , , , , ,

ランキング
人気記事
RANKING

ランキング
人気商品
RANKING

コンテンツ一覧ALL CONTENTS

  • 読み物
  • 記事一覧
  • 人気記事
  • 連載記事
  • 特集記事
  • ペイントHOWTO
  • お買いもの
  • 塗る場所・素材
  • 塗料の種類・機能
  • 建築用途
  • 塗装用具
  • メーカー